シニアハック

発達障がい児向けのアプリの紹介と話題、個人的な記録。クオリティ無視

字や数字を覚えたての子供に、他人からから見ても読める文字を書く練習をiPadでする方法

●字や数字を覚えたの子供に、他人からから見て読める文字を書く練習をiPadでする方法

こんにちは、シニアブロガーこと@kenkazu2です。

幼児、子供が文字や数字を覚えたての頃、面白がって一生懸命書いて親に見せることってないですか?

多少読めなくても、「上手ね〜」と褒めちぎることって多々あることだと思います。又、読めない文字があれば「これなんて言う字」と聞くと、子供は自信を持って「〜〜って書いたんだよ」

子供が書いた文字や数字を一度認めてしまうと、正しいものだと勘違いして、その字、数字しか書かないでしょう。(たぶん)

しかし、他人の人には読めない文字や数字がいくつかあると思うんですよね。そんなくせ字などを矯正してくれる必殺アプリがあるのはご存知ですかな?そんなアプリをちょっと紹介。

続きを読む

ADHDの方に睡眠を手助けしてくれるチェーンブランケットお貸し出し可能

ADHDの方に睡眠を手助けしてくれるチェーンブランケットお貸し出し可能

f:id:kenkazu:20150323101245j:plain

こんにちは

シニアブロガーこと@kenkazu2です。

先日の日曜日、東海三県の中では1番品数豊富と言われている「なごや福祉用具プラザ」に行ってきました。

福祉用具の見学ではなく、そこで開催された「東海特別支援カンファレンス」に参加したわけです。その一角に「掛け布団」のコーナーがあったので覗いてみると、ADHDや不安で落ち着くことができない、睡眠障害の方に有効、国際特許取得寝具「チェーンブランケット」が置いてあったので興味津々でお話を聞きました。だってADHDや不安障害に有効と聞くと、誰だって目がいっちゃいます。

続きを読む

聴覚障がい者とのコミュニケーションが身近になるアプリ「こえとら」

●聴覚障がい者とのコミュニケーションが身近になるアプリ「こえとら」

シニアブロガーこと@kenkazu2です。

聴覚障がい者との会話には、筆談がメジャーな方法ですが、いざ筆談となると書くのが面倒だったり、時間が掛かったりもします。

それによって、聴覚障がい者との距離が遠くなって中々意思の疎通が出来ない方も多いのではないでしょうか?

そんな煩わしさを少しでも、排除してくれるのが
今回紹介するアプリこえとらです。

続きを読む

ドロップ シンボルメーカー「おくるんです。」の簡単な使い方と活用法

●ドロップ シンボルメーカー「おくるんです。」の簡単な使い方と活用法

f:id:kenkazu:20150316095959j:plain

こんにちは、シニアブロガーこと@kenkazu2です。

ドロップスシンボルとは、自閉症児や発達の遅れのあるお子さんに、絵カードでコミュニケーションしたりコミュニケーションボードを作成するためのシンボル集で、ドロップレット・プロジェクト様が開発された、視覚支援ツールの一つです。

それをもっと簡単に、すぐにiPad上で使うことできメールとかでコミュニケーション、教材の作成が出来るのを目指したアプリで、
お道具箱日記 - Yahoo!ブログを運営されている方が開発されました。

私の息子も保育園時代、絵カード何百枚と購入して教えていましたが、今はこんなに簡単にできる時代になってきたんですね。今回の記事は、ダウンロードから、簡単な機能の説明、私だったらこう言うふうに使うとだろう。というのを記事にしました。

続きを読む

子供用ハーネスについて思ったこと、「ハーネスは子供の自由を奪っているものではない」

●子供用ハーネスについて思ったこと

f:id:kenkazu:20150315222342j:plain

シニアブロガーこと@kenkazu2です。

2〜3ヶ月前でしょうか、上の画像のようにお散歩中の親子を見かけました。

その時思ったことは、悪い意味ではないが「犬のお散歩みたい」と心の中で思ってしまった。しかし、何となく微笑ましい光景でもあったように思えます。

たぶん子供用ハーネスを知らない方や、見かけたこと無い人なら誰でも思うことなんでしょうね。

続きを読む